発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

発達障がいは15人に1人⁉︎

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/

 

昨夜放送のNHKスペシャル、ご覧になられた方いらっしゃいますでしょうか?

 

友人から教えてもらって、観ました。とても分かりやすかったです。

 

我が家の長男中1soraは、小学校2年生の時にトゥレット症候群と診断され、5年生の時は自閉症スペクトラムADHD、LDと、発達障がいの3本柱の診断をいただいて、特別支援級に入ることができました。f:id:lovecrystalchildren:20170522074350j:image

 

でも、私にとって、soraはsoraしか居ませんので、そういう障がいがないsoraは存在しないわけで、病気や障がいに対して、最近まで無頓着でおりました。

 

番組中、soraが言いました。

 

「俺も人の顔見て話すの苦手。ママはいいんだけど、顔が光って眩しくて見られないんだ」

 

ほほう。

 

こんな風に自分の感覚を話してくれるようになるまでには時間がかかります。小学校1年生の時、真っ赤に目を腫らして

「死にたい、僕なんか生きててもしょうがない」

 

もし我が子がそう言ってきたら、どう答えますか?