発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

子どもが不登校でも、働きたい!

私、とある手芸店でアルバイトをしているんですが、2足、3足のわらじなので、我がままを言わせてもらってます。そのせいか、『クセモノ』と店長に言われています。でも、嫌われている気はしません(^^)v他の店員さんとも、私が居心地良い距離感で働いています。

 

 

できますよ!

 

自分に合った働き方。

まずは、自分がどのように働きたいか。

 

f:id:lovecrystalchildren:20170611180312j:image

 

 

 

①1対1で話すこと

経営者側の人数が多くても、自分側の人数が多くてもダメです。なぜなら、コミュニケーションというのは、1対1の時にしかできないからです。 

②人として対等の意識をもつこと

経営者も上司も偉いわけじゃありません。

 

③「自分は、これはできる、これはできない」と伝えること

全部の要求が通るとは限らないけど3つのうち1つでも聞いてもらえたら、良くないですか❓

 

④1つも解決しないなら、さらに上の上司に相談する

 

  不満に思っていることを解決しようとしているのか、我慢するのかは、それぞれの選択に委ねられています。解決できれば、『クセモノも悪くない』です\(^^)/

 

 

 

天然石アクセサリー作家

Crystal Children 金井かおりhttp://crystalchildren.jimdo.com