発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

この先生、話し通じないわ

  …と思ったことはありませんか?あんまりそれが続くと何にも言いたくなくなります。

 

学校の先生の中にもそういう方がいます。

 

例えば、

お母さん「うちの子、学校に行きたくないと言うんです」

 

先生「そうですか、でも今日は楽しそうにしていましたよ」

 

ちがーう‼︎

 

楽しそうに見えても、心の中では何かが起こっているから、それを先生にも一緒に情報共有して考えてもらいたいんじゃー‼︎

 

 

現実問題として、話が通じないのは言葉や伝え方が違うことだけではなくて、先生がとても忙しいというところが大きい。先生は一人一人をちゃんと見るなんて、実はできないそうです。

 

親もそれを察して何も言えなくなっている…言うとしたら先生の前じゃないところで、不満や愚痴をお母さん同士で共有し盛り上がるくらい。

 

それがなんとなく、どんなに取り繕っても先生に子どもたちに伝わってしまう…

 

本当はそんなことしたいわけじゃありませんよね。

 

本当は、子どもたちのことを先生と一緒に考えたい。

 

というわけで、忙しい先生が1人で考えなくて済むように、先生へのリクエストはできるだけ具体的にすることをおすすめします。

 

例えば、

「家で学校に行きたくないと言っています、理由は教えてくれません、私はとっても心配しています。先生が気になることがあったら教えてください。」

 

こう伝えたら、先生は、あら、保護者の方に心配させてしまった、これはいけない。何か心当たりがあるかしら?うーむ、明日から注意して見てみよう…となるかも。

 

 

あと、熱はないけれど咳をしたり、お腹の調子が悪かったりしても頑張って登校した時

 

 朝の状況と、「様子を見ていただけますか?」と連絡帳に書きますよね。

 

その時も、2時間目の休み時間に熱を測ってくださいとか、牛乳を飲ませないでください、とか具体的にリクエストするといいと思うんです。

 

子どもたちって、なかなか具合が悪いって言えないみたいです。そういえば、私も言いにくい。言うのがすごく申し訳ない気持ちがします。だから、様子を見てほしいんですよね。

 

でも、様子を見てほしいだと曖昧だし、1日中様子を見るのは不可能だから、具体的にしてほしい行動をリクエストした方が先生も安心できると思うのです。

 

そして、先生にケアしてもらっていることで親も安心できます。

 

話は通じなくとも、力を合わせて子どもたちを見守っていくことはできる。嫌いな人とでも協力することもできる。

 

そういうところを、子どもたちに見せたい。

 

f:id:lovecrystalchildren:20171011084352j:image

 

 

 

 

天然石アクセサリー作家

Crystal Children金井かおり

http://crystalchildren@ezweb.ne.jp