発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

社交辞令は人間関係をめんどくさくする

  私、先日、社交辞令を言ってしまいましたぁ(´;Д;`)

 

ごめんなさい、ごめんなさい。それ、社交辞令です。

 

言ってしまった手前、行かなきゃいけないかなとか、考えちゃって、でも社交辞令だから、ほんとはやりたくないことで。やりたくないことやるって、相当なエネルギーいるんですよね…うん、無理です。

 

でもでも、愛想笑いしながら、社交辞令言っちゃったし〜〜〜

 

っていう、よろしくないループです。

 

これからは、ほんと、気をつけよう!

 

ちゃんと本当に思ったことを言ってる私が好きだから。それに、信頼してもらえる私になりたい。社交辞令=嘘ついたら、信頼なんて得られませんものね。もうこれっきりにしたい。

 

 

soraが低学年の時、正義感やルールを守る気持ちが強くて、友だちとトラブルになりました。

 

先生に相談すると、空気が読めるようにならないと場をしらけさせたり、いじめの対象になるので、そういう訓練をさせる病院施設を紹介されました。

 

でも私は、soraの正義感の強いところや、ありのままのことを口に出すところが好きだったので、訓練をさせるようなことはしませんでした。

 

今も、そういうとこ、たまにグサッと刺さるけど^ ^大好きだし、soraは本当のことしか言わないと知っているから、無理してないかな?とか勘ぐらないで済むので、安心できます。

 

本当のことを言うことは、周りの人を安心させることができるんですね。

 

f:id:lovecrystalchildren:20171115160416j:image

 

 

天然石アクセサリー作家

Crystal  Children 金井 かおり

http://crystalchildren.jimdo.com