発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

新学期が不安な方へ

ランドセルを背負った最後の登校も可愛かった〜〜〜😻

 

どんだけ親バカしてもいいよね‼︎

 

 本当に、6年間、お勤めご苦労様です!

 

娘hikaは、心身共に丈夫で欠席も少なく、「自分」を持った女の子。

 

そんな元気印、我が家の太陽hikaも、5年生の9月…突然「学校に行きたくない」と言ったことがありました。

 

その時の様子は、食欲がなく、下を向いて、今まで一度も見たことのない、複雑な表情を浮かべていました。私にはまるで別人のように見えるくらい。

 

ちらりとね、このまま不登校になったらどうしようって思いました。兄妹だから、私が親だからと思われるかもしれないと思いました。

 

だけど、hikaの訴える表情を見たら、私が勇気を出す時だと思い直し、消え入りそうな彼女をぎゅーっと抱きしめて過ごしました。

 

先生にもありのままを伝え、「休めば大丈夫ですから、私の責任で休ませます。登校しても何も聞かないでください。」とはっきり伝えました。

 

 

もし、学校で何かあったからだとしても、私も、先生も解決できないことなんでしょう。だから、学校に行きたくないと言ってきた。だったら、本人がエネルギーを貯めて、そのエネルギーで乗り越えるしかない。

 

本当に、まさかの、嘘みたいに、たった2日で元どおり登校するようになりました\(^o^)/

 

「学校を休みたい」そう言えたら万事OKです!そう言える関係でいることが、不登校を解決するコツです。

 

もちろん、兄ちゃんみたいに不登校というか、学校では学ばない生き方を選ぶ人もいるので、全てを解決するコツとはいかないけれど、誰か偉い人が言いそうなことを信じるよりも、目の前の子どもと自分の感覚を信じて行動すれば、それが生きる力になる。

 

勇気を出そう!私が勇気を出せたのはお兄ちゃんのおかげなんだけどね。

 

大人だって間違ってもいい。子どもたちには伝わってる。

 

 

そんなこんなで、私も小学生のママ卒業だ☆

 

f:id:lovecrystalchildren:20180319101926j:image

 

 

松本市開催、コットンパールのネックレスづくりはこちらです↓

https://crystalchildren.jimdo.com/イベント出店情報とお知らせ/

 

f:id:lovecrystalchildren:20180319172548j:image

 

天然石アクセサリー作家

Crystal Children 金井 かおり

http://crystalchildren.jimdo.com