発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

悪夢

昨夜、久しぶりに今は中2になったsoraが学校に行けなくなった頃のことを思い出しました。

 

学校に行かないという選択肢を持たなかった私は、1年生、まだまだ真新しい大きなランドセルを背負った、小さな可愛いsoraを

 

ど突いたり、

 

引きずったり、

 

引っ叩いたり、

 

泣き叫ぶのを無理やり車に押し込めたり、

 

必死でしがみつく手を引き剥がしたり、

 

肉体的苦痛だけでなく、毎回、言葉でもなんとか言いくるめようとしていた。

 

 

本当に、本当に、本当に、本当に、酷いことをしていた。後悔しかない。どんなに時が経っても、許される気がしない。

 

だからかな…今でも、小学校の駐車場に付き添う保護者がいると、あの頃の私たちと重ねてしまう。

 

 

駐車場で動かない我が子を前に、中身なんかない言葉を呪文のように唱えていると、登校する子どもたちや先生方がどんどん目の前を通り過ぎて行きます。

 

通りすがりに挨拶してくれたり、行こうよ、と声をかけてくれたりもする。でも本当は、

 

 

「お休みしても大丈夫だよ」

「もう大丈夫だよ」

 

 

本当は、誰かにそう言ってもらいたかったんだ…セツね〜〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。

 

f:id:lovecrystalchildren:20180415111333j:image

 

天然石アクセサリー作家

Crystal Children 金井かおり

http://crystalchildren.jimdo.com