発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

支援学級の先生は、支援の仕方を知りません

今日、瞑想を、ご一緒したお友だちが作業療法士さんの話をしてくれました。

 

 

それを聞いて分かったことは…

 

公立小学校、中学校の先生は、具体的な支援の仕方をご存知ありません。

 

私が住んでいるところは、10年くらい遅れているそうです。

 

 

親「日記が書けないんです。宿題に2時間もかかります。」

 

先生「頑張ればできますから、学校ではできてますから、やらせてください。」

 

 

私たち母親の話しが先生に通じないと感じるのはこの辺じゃないかな?

 

 

 

通じないと感じたら、通じる人、分かってくれる人を探しましょう♪作業療法士さんがいいみたいですよ。

 

f:id:lovecrystalchildren:20180621161604j:image

 

私もsoraさんのこと相談してみよ♪

 

 

オーダーアクセサリー

Crystal Children金井かおり

http://crystalchildren.jimdo.com