発達障がいの子どもと歩むアクセサリー作家のブログ

クリスタルチルドレンは2000年前後から生まれている、強い個性を持って生まれた子供たち。その個性は様々で、心配になっちゃうこともあるけれど、でも大丈夫!彼らには大切な使命があるんです。私たち親世代は、その大切な使命が果たせるように、無事に大人になるのをサポートします。お母さんだけでは大変、みなさんのあたたかいまなざしが必要です。

どんな風に思われてても大丈夫です!

  2学期が始まった我が家の子どもたち。

 

不登校中、中2soraさんは相変わらずのスタートだけど、最近できた新しい友達に

 

「もう、悩むのはやめた。もう長いし。それより楽しいことをする」と話し、TVゲームに夢中です。

 

TVゲームについては…なんとも言えないけど、とにかくどんなことでも、やりきるまでやらせるしかないと腹をくくり中です。健康を害さない程度にってとこかな。

 

そして私は…周りの大人や先生方に、理解してほしい。理解してもらえれば、soraが怠けてるわけじゃないとか、理解が深まれば学校に行けるようになるんじゃないかとか、考えていたけれど、きっとそういう部分もあるとは思うけど、理解されようがされまいが、怠けている、親の躾がなってない、どんな風に思われようが、私たちは一生懸命生きている。

 

周りの人からも分かりやすいような生き方をしている方は、正直、羨ましいけど、「自分」として生きていることが「自分」に分かっていたら、大丈夫になります。

 

もし誰かの真似をしようとか、誰かの視線を意識して頑張ったりすると、周りからの評価が気になり、不安になります。

 

あ、ただ図々しくなったと言われても大丈夫です❣️今日も元氣に生きたのだから^ ^

 

f:id:lovecrystalchildren:20180827194221j:image

 

オーダーアクセサリー

Crystal Children金井かおり

http://crystalchildren.jimdo.com