こどもが不登校になったら読むブログ

義務教育9年目、その殆どを登校しぶり、不登校で過ごしてきた息子との暮らしを書きます。辛く孤独だった『序』、息子や自分の好きなことを探し求めた『破』、そして、義務教育を終える『急』1つの大切な節目にあたり、書いてみます。

1日でも休ませたら、ズルズル休まれるのが怖い?

  学校に行きたくないと言い出して、なんとか元気づけて学校行かせてるけど、内心、切ないし、でも1日でも休ませたら、子どもに休んでもいいんだと思われて、そのままズルズル休まれたら困るから、心を鬼にして行かせている。

 

でも、実のところは、過保護だと思われたくない。モンスターと言われたくない。私はちゃんとやっているいい母親だと思われたい。

 

 

そんな保身から、先生にはっきりと要望を伝えることができず、その分子どもに努力を強いている。

 

こんな状態はいちばん良くないと思います。

 

自分が子どもに主張していることは、保身から出たことなのか、心の底から疑い無いことなのか…はたまた、常識を鵜呑みにした安易な言葉ではないのか。

 

過去の私です↓↓↓

http://lovecrystalchildren.hatenablog.com/entry/20180821/1534820766

f:id:lovecrystalchildren:20190524212944j:image

 

 

金井かおり

 

 

どうして学校に行きたくないのか

  もしよかったら、

 

斉木楠雄のΨ難

 

見てみて下さい(^^)

 

楠雄くんはもう高校生だから、上手いこと周りといい距離感で付き合っているけど、きっと小さい頃は大変だったに違いありません。

 

もし、我が子が楠雄くんのような超能力者だったら…と考えれば、学校が疲れるのも嫌になるのも当然です。

 

1人を好むでしょう

 

人や場所を選ぶでしょう

 

自分に傷つくでしょう

 

人の思いに傷つくでしょう

 

表面のことだけにとらわれないでしょう

 

深く考え、深く対応し、処理しようと願うでしょう

 

疲れるでしょう

 

じゅうぶんな休息が必要になるでしょう

 

理解者が必要でしょう

 

HSCのことを非HSC、HSPが理解するには、ちょっと強引ですけど、斉木楠雄のΨ難は良いアニメです(^^)

 

f:id:lovecrystalchildren:20190516135412j:image

 

金井かおり

小1から登校しぶり、不登校。勉強の方はどうなってるの?

  我が家の義務教育9年目soraさんは、そのほとんどを登校しぶり、不登校で過ごしています。

 

小学生の頃は、一緒に勉強をしようとしましたが、どうやってもうまくいかず…うまくいくくらいなら、たぶん学校も行かせられたでしょう^ ^

中学生になったら、もう、字すら書かなくなりましたが、私は全く心配にはなりません。

 

先日、

 

「俺はとうとう、割り算の筆算の仕方を忘れてしまったようだ…」と言ってましたが、笑ってしまいましたଘ(੭ुㅎ.ㅎ)੭ु⁾⁾

 

というのも、パソコン雑誌や電化製品の取り扱い説明書など、自分に必要なものは読んで理解することができ、文書の作成もパソコンでするようになったので、困っている様子がありません。

 

f:id:lovecrystalchildren:20190507153725j:image

 

こんなハンバーグも手づくりで家族に振舞ってくれます。手際も良く、より美味しく作ろうと研究熱心です!

 

大丈夫です❣️

 

学校みたいに本を読んだりノートを書かないやり方で学んでいます。そういう時代になっているんだから、soraにはそれが合っているみたい。学びたい順に、学びたい分だけやっていけます!

 

先生が居なくても、たった一人でも、こうなったsoraがいます♡

 

金井 かおり

 

ゴールデンウィークが明けるとき

  長い休みが明けるとき、3連休が明けるとき、いつも決まって、「明日は学校行くぞ」って人一倍張り切ってランドセル準備してたな。

 

でも、朝になると「やっぱり学校行けない」ってなってた。

 

お母さん、このギャップについていけなくて大大大混乱してたっけ…

 

当時は、どうしようもない、自分で言ったことも約束も守れない、どうしようもないヤツだと思っていたけれど、今は本当に、あんなにあんなに頑張っているのにかわいそうな子だと思う。学校に行けないだけでも深く傷ついているのに、私の分まで背負い込んで傷つけたに違いない。

 

学校行っても大丈夫。

 

行かなくても大丈夫。あなたを愛している。

 

あれからずっと、そう伝え続けています。

 

f:id:lovecrystalchildren:20190506073112j:image

 

金井 かおり

 

久~しぶりに回転寿司に行ったら

 お寿司が大好きな私は、夫におねだりして、回転寿司に連れて行ってもらいました。

 

 

なのに、息子は、1皿食べてもう帰りたいご様子。

小さい頃、お店に入れなかったり、急に帰りたいと騒いでたなぁ。昔はそういうのがほんとに困ったし、楽しみに来た先でそういうことされると、もう怒りが沸いてきて、でもどうしようもなくて辛かった…

 

 

私も今日は箸が進まず…でも夫に頼んだ手前、あからさまには言えずにいたところ。

 

 

 

息子曰く

 

「日本人はそのうちバチが当たるね。命を頂いてるのに、こんな中途半端なもの作って…」

 

そんなこと考えてたの(^^)

 

でも、「ほんとにそうだな。」って思いました。

 

金井かおり

 

立派な15歳になりました!

  義務教育9年目、その殆どを登校しぶり、不登校で過ごした息子soraが立派な15歳になりました!

 

「死にたい」と言っていた7歳の夏の泣き顔から、今は余裕の笑顔の立派な兄ちゃん。

 

知ったかぶりの私に、soraが教えてくれたこと。

 

 愛し方、愛され方を教えてもらったと思います。

 

ほんとになんにも知らなかったんだなぁ、私(⸝⸝›_‹⸝⸝)

 

もう、お互い大人です。彼からしたら、やっとママも大人になったのね、かな。

 

だから、これからは、一緒に居させてもらうって感じ♡◌⑅⃝●♡⋆♡⃝ ˻˳˯ₑ♡⃝⋆●♡⑅⃝◌

 

 

金井かおり

 

 

子どもの味方になれますか?

  新学期、いかがお過ごしでしょうか?

 

子どもたちが発する、ことば、表情、声、まなざし、音、におい…

 

どうか、ただ感じることに集中してください。

 

もし、子どもたちの力になりたいと願うなら…

 

理解はひつようじゃありません。ただ、子どもたちの1番の味方でいると居場所をハッキリと決めてください。そこから離れてはダメ。

 

 

金井かおり